NEWS

2021.7.29

縄文遺跡群、世界遺産決定式典

「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)の世界文化遺産登録決定の翌日28日、三内丸山遺跡センターで記念式典が開かれました。

 

地元の小中学生が登録を祝う横断幕を披露し、来賓者がくす玉わりをして世界遺産登録を祝いました。

2021.7.17

ユネスコ・世界遺産委員会開催

 ユネスコ、国連教育科学文化機関の2021年の世界遺産委員会が716日から開幕されました。

当初は中国の福州で開催する予定でしたが、新型コロナの影響を考慮してオンラインに切り替え、新型コロナウイルスの影響で延期になった2020年と合わせて審査される予定です。日本からは自然遺産として多くの絶滅危惧種が生息する「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」と文化遺産として青森市の三内丸山遺跡などで構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、27日に審査され、登録決定の予定です。

2021.7.17
特別展「あおもりの縄文世界」開催!

青森市の特別史跡三内丸山遺跡センターで、2021年7月17日(土)~11月28日(日)まで青森県内の縄文遺跡の出土品274点を集めた特別展「あおもりの縄文世界」を開催してます。 詳細はこちら

2021.7. 3

 NHK撮影協力

 6月30日(水)1300~この夏に世界遺産登録される三内丸山遺跡を特集する番組の撮影協力を行いました。撮影当日はボランティアガイド1期生の舘田さんと工藤さんのインタビューとガイド10名の方が縄文服を着て、縄文グッズなどを持ち、撮影現場を盛り上げました。

番組詳細は、下記のとおりです。

>『北海道道×東北ココカラ スペシャル ~世界遺産登録へ 縄文の魅力を大発掘!~』
>
■放送予定
>2021
79日(金)19:3020:42 72
>NHK
総合(北海道・青森・岩手・秋田にて放送)
 

2021.6.19 

6本柱全体が見えた!

 三内丸山遺跡のシンボルの大型掘立柱建物(6本柱)改修工事の外部足場が解体され、全体を見る事ができます。今年1月末から改修工事を開始して順調に作業が進み、今後周辺囲い解体、芝復旧等で作業完了する予定です。

2021.5.29

イコモス登録勧告セレモニー

5月27日、縄文遺跡群世界遺産めざす会、三内丸山応援隊主催で三内丸山遺跡センター前広場でボランティアガイドや関係者ら30人が参加して「登録勧告! この夏世界遺産へ」の文字が記された横断幕を掲げ、万歳で喜んだ。

2021.5.27

北海道北東北の縄文遺跡群イコモス勧告

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は5月26日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」を世界文化遺産に登録するよう勧告されました。 

2021年の世界遺産委員会は、7月16~31日にオンラインで開催予定で正式決定すれば国内の世界文化遺産は2019年登録の「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)に続いて20件目となります。 

2021.4.8

修学旅行第1陣歓迎セレモニー

4月7日(水)、今年度の修学旅行第1陣となる岩手県紫波町の紫波第三中学校の3年生32人が三内丸山遺跡センターに来館されました。

 縄文時遊館のエントランスホールで歓迎セレモニーがあり、田中道郎センター所長、一町田工三内丸山応援隊代表理事が出迎え、記念品を贈呈しました。

詳細はこちら

2021.4.8

大型掘立柱(ほったてばしら)建物(6本柱)の見学会のお知らせ

三内丸山遺跡センターは4月9日〜62日の毎週水・金曜日、遺跡内で復元(立体表示)した大型掘立柱(ほったてばしら)建物(6本柱)の見学会を開く。長寿命化対策工事用の足場に上り、柱の頂上部分など普段は見えない部分を見学できる。 見学時間は12回、午前950分からと午後250分から。各回10人で、対象は小学4年生以上(小学生は保護者同伴)。常設展観覧料のほか、事前申し込みが必要。先着順。センターのウェブサイトで詳細を公表している。問い合わせはセンター(電話017-781-6078)へ。

2021.2.27

縄文冬祭り開催

三内丸山遺跡センターで2月13日~14日の2日間、冬の恒例企画「縄文冬まつり」が行われました。当日は、天候に恵まれ、発掘ひろばや大型すべり台・雪だるまひろば・雪中宝さがしなどのイベントを家族みんなで楽しんでいました。

2021.1.19

企画展「イミテーション・ワールド」開催

特別史跡三内丸山遺跡センターでは、20211月23日(土)か5月30日(日)まで企画展「イミテーション・ワールドを開催します。

内容は、三内丸山遺跡から出土した、まつりの道具を中心に、縄文時代の精神世界を紹介します。遺跡を含む常設展の入場料で観覧できます。 詳細はこちら

2021.1.14

「れすとらん五千年の星」臨時休業のお知らせ

特別史跡三内丸山遺跡センターにあります「れすとらん五千年の星」が新型コロナウイルス感染拡大防止の為、臨時休業となります。(令和3年1月12日(月)から令和3年2月28日(日)予定)

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

 詳しくは城ヶ倉観光(TEL017-763-5252)までお問合せください。詳細はこちら

2021.1.14

三内丸山遺跡ボランティア・ガイド募集

一般社団法人 三内丸山応援隊では、来訪者に遺跡の魅力を伝える令和3年度4月からの新規会員を募集します。

募集対象は、遺跡に興味があり、県内居住で体力に自信がある65歳ぐらいの方で外国語が堪能な高校生、大学生も歓迎です。

活動は午後9時から午後5時までの3時間程度。活動日や時間帯は希望制を取っています。申込みし締切りは2月15日 。 応募・問合せは、電話017・783・3339へ


2020.12.10

青森県知事と鼎談 

 三内丸山応援隊ボランティアガイドの佐々木世奈さんと青森県知事、JT青森支店長との鼎談が  2020年12月9日(水)に東奥日報に掲載されました。掲載記事はこちら

2020.12.24

青森中央学院大学留学生 三内丸山遺跡見学

12月19日に青森中央学院大学留学生が三内丸山遺跡見学に来ました。

 ボランティアガイドの案内で縄文人の文化的な生活や謎に触れたあとに、中型板状土偶作り体験をして楽しい時間を過ごしました。

2020.11.14

金魚美抄2020 ~金魚を描くアーティストたち~

青森県県立郷土館では、20201020()からの臨時休館に伴い、「金魚美抄2020」は会場を変更して、三内丸山遺跡センターで開催いたします。

開催期間:2020年1128()~2021年111(月・祝) 時間:9:0017:00   場所:三内丸山遺跡センター

料金:一般・大学生1,000(800)、小学~高校生600(500)、ペア1,500(前売のみ)お問い合わせ:東奥日報社事業部TEL 017-718-1135(平日9:0017:00)

 

 

2020.11.14

臨時休館のお知らせ

三内丸山遺跡センターをご利用いただき誠にありがとうございます。2020年11月15日(日)~11月20日(金)まで燻蒸作業のため臨時休館いたします。

縄文時遊館(屋内施設)だけではなく、遺跡(野外施設)の見学もできませんのでご了承ください。

 皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020.9.26

三内丸山縄文秋まつり開催

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録を目指す三内丸山遺跡で9月26日(土)縄文秋祭りが始まりました。午前中から、多くの家族連れなどが入り口で検温とアルコール消毒をしてから入場しました。 

発掘ひろば」では、土からミニチュア土器や土偶などを発掘したり、「縄文パノラマビュー!!」では、6本柱と同じ高さから遺跡を楽しめたり、弓矢などを体験できたりと楽しいイベントが行われました。9月27日(日)まで

2020.9.23

TV取材協力

ATV青森テレビの番組「わっち!!」の今こそ!AOMORI 県民Voiceでボランティアガイドの中村文子さんが遺跡内を案内しました。

 

10月8日(木)放送予定

2020.9.4

縄文遺跡群でイコモス現地調査

世界文化遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界遺産にふさわしいか評価するユネスコの諮問機関(イコモス)による現地調査が9月4日、三内丸山遺跡で行われました。オーストラリア国籍の調査員1人が派遣され、9月15日まで構成17遺跡を全て調査する。

 現地調査を踏まえ、国際記念物遺跡会議(イコモス)が2021年5月ごろ、ユネスコの世界遺産委員会に勧告。同年夏に登録が決定する。


2020.8.20

小学校で漁網作りのオンライン授業

 青森県庁県民生活文化課と東京芸術大学との連携プロジェクトで、文化芸術体験プログラム(縄文文化をテーマにした植物繊維(からむし)による漁網作り体験学習を8月18日~19日青森市立三内小学校と青森市立三内西小学校で行いました。東京藝術大学の先生がオンラインで網の作り方を説明してその後三内丸山応援隊ボランティアの指導を受けながら縦10cm、横20cmほどの網を作りました。また、各自で製作した網を版としてオリジナルのTシャツも作りました。